世界最大の日英バイリンガルのためのジョブフェア。北米で学ぶ日本人留学生を中心に、多くの求職者がボストンに集まります。日本国内では出会えないグローバル人財に出会うチャンスであり、新卒採用のマーケットを広げるにふさわしいイベントです。

BOSTON CAREER FORUM

1987年、ボストンから始まったキャリアフォーラムは、北米だけでなく、ロンドン、上海へと広がり、多くの求職者と企業の出会いの場をプロデュースしてきました。今では、海外の大学・大学院で学ぶ留学生をはじめとするバイリンガル人財にとって欠かすことのできない貴重な就職活動の場となっています。

特にボストンキャリアフォーラムには、優秀な人財を求めて毎年200社を超える企業と1万人以上の求職者が集まります。

国内ジョブフェアとの最大の違いは、ボストンキャリアフォーラムは単に企業と求職者が出会うためだけの場でなく、選考を進め採用するための合同面接会だということ。多くの企業が最終面接者(役員等)を同行し、ボストンで内定を出せるように動いています。

参加求職者

  • 海外の大学・大学院を卒業予定の日英バイリンガル
  • 日本の大学・大学院に在籍している交換留学生
  • 日英バイリンガルの転職希望者

今なぜキャリアフォーラムなのか

  • 求職者側

    海外の大学に籍を置く学生は、そもそも勉強が忙しく就職活動に使える時間が限られています。学業スケジュールの違い、就職シーズンのズレ、少ない情報量など、国内の求職者と比較して大きなハンデがあります。そのような状況の中で、3日間で内定が出る可能性があるボストンキャリアフォーラムは高く評価されています。

  • 企業側

    海外へのマーケット拡大やビジネスの多角化に伴い、国際感覚を身につけた優秀な人材を採用したいという企業ニーズが年々高まっています。さらに、少子化による労働人口の減少により国内の採用競争が激化する中で、海外の大学という採用マーケットにも目を向ける企業が増えています。

そんな企業と求職者が効率的に出会う大きなチャンスの場、それがボストンキャリアフォーラムです。

昨年のイベントデータ

求職者

  • 参加者総数
    11,847
    (実数 5,544名)
  • 理系参加者
    2,705
    (実数 1,287名)
  • MBA取得者
    845
    (実数 437名)
    取得予定者含む
  • 職務経験者(1年以上)
    1,482
    (実数 785名)

企業

  • 2018年出展企業数
    230
  • 2018年新規出展企業数
    35
  • 5年連続出展企業数
    88

大学別参加者数一覧

北米を中心に上位校在籍の求職者が数多く参加します。

世界大学
ランク
大学名 地域 参加
者数
1 UNIVERSITY OF OXFORD UK 5
2 UNIVERSITY OF CAMBRIDGE UK 7
3 STANFORD UNIVERSITY USA 7
4 MASSACHUSETTS INSTITUTE OF TECHNOLOGY (MIT) USA 29
5 CALIFORNIA INSTITUTE OF TECHNOLOGY USA 1
6 HARVARD UNIVERSITY USA 35
7 PRINCETON UNIVERSITY USA 7
8 YALE UNIVERSITY USA 16
9 IMPERIAL COLLEGE LONDON UK 10
10 UNIVERSITY OF CHICAGO USA 20
11 ETH ZURICH SWITZERLAND 9
12 JOHNS HOPKINS UNIVERSITY USA 19
12 UNIVERSITY OF PENNSYLVANIA USA 35
14 UNIVERSITY COLLEGE LONDON (UCL) UK 2
15 UNIVERSITY OF CALIFORNIA, BERKELEY USA 61
16 COLUMBIA UNIVERSITY USA 76
17 UNIVERSITY OF CALIFORNIA, LOS ANGELES (UCLA) USA 76
18 DUKE UNIVERSITY USA 14
19 CORNELL UNIVERSITY USA 26
20 UNIVERSITY OF MICHIGAN USA 38
21 UNIVERSITY OF TORONTO CANADA 51
22 清華大学 CHINA 16
23 NATIONAL UNIVERSITY OF SINGAPORE SINGAPORE 11
24 CARNEGIE MELLON UNIVERSITY USA 17
25 NORTHWESTERN UNIVERSITY USA 9
26 LONDON SCHOOL OF ECONOMICS AND POLITICAL SCIENCE (LSE) UK 17
27 NEW YORK UNIVERSITY (NYU) USA 59
28 UNIVERSITY OF WASHINGTON USA 83
29 UNIVERSITY OF EDINBURGH UK 16
30 UNIVERSITY OF CALIFORNIA, SAN DIEGO USA 68
※出典:The Times Higher Education World University Rankings 2018-2019

求職者のコメント

  • 3日間で多くの企業に会える機会はなかなかないので、とても良かった。
  • 全く興味のなかった業界でも、話を聞いてみたらすごくグローバルだったり、知らなかった企業の話が自分のやりたいこととマッチしていたりした。
  • 事前に志望の企業と接点を持ち、当日は会場で面接。とても効率的。
  • イベント後に企業の方と食事をし、普段は聞けない話が聞けたので、参加して良かった。
  • 普通には出会えない企業の人事の方と話せる機会はここにしかない!
  • 先輩からBCFを教えてもらって良かった。第一志望の企業から内定をもらえました。
  • 日本の就職フォーラムとはまた違う熱を感じた。
  • 企業の雰囲気を知ることができた。また、社会全体の流通のしくみを教えてくれた。
  • 面接では真剣に私の話を聞いてくれて、入社してみたいと感じることができた。
  • 今まで興味のなかった分野の職業の説明を聞いたことで、自分の見聞が広まった。
  • 説明会プレゼンの凄さや、たくさんの企業の方が来られていたりする様子から、企業側の熱を感じられた。
  • 大手企業だけでなく、ベンチャー企業の参加も多く、就活はBCFだけでいいのでは(笑)
  • 今まで知らなかった企業を発見することができた。
  • 海外生活をしているとなかなか得ることのできない生の情報、企業の人に触れることができて良かった。
  • 実際にBCFから入社した社員の方と話すことができて、入社後のイメージがつかめた。
  • イギリスから参加したが、本当に多くの企業が参加しており、これ以上のイベントはない!

企業のコメント

  • 毎年参加しているので、前年に会った求職者と再度接点を持てるのが良い。
  • 昨年初めて出展しました。結果も出て、今年も出展しようと考えております。今年は事前選考等をしっかりと準備して臨みたいと思います。
  • 国内では諦めていた海外法務を採用することができた!
  • 採用ターゲットである理系の優秀な求職者がここまで多いイベントはない。
  • 国内では出会うことのできない挑戦力、イノベイティブ溢れる学生さんが多くいらっしゃった事が印象的です。
  • 参加させていただいた中では最も学生の質が良いと感じたため、今後も参加させて頂きたいと感じております。
  • 新卒だけでなく、中途も参加が多く、両方の優秀な人財をいっぺんに採用できる。
  • 日本国内では会えないような優秀な求職者とたくさん会えた。
  • 明確なビジョンを持ち、チャレンジ精神旺盛な人財に多く出会えた。
  • コミュニケーション能力の高い人財が多い。
  • 日本人だけでなく、アメリカ人やフランス人、中国人等も参加しており、まさにグローバル人財の採用の場である。
  • 優秀な求職者が多く、その日のうちに内定を出した。
  • 知名度がなくても、しっかりと説明すると求職者は興味を持ってくれた。
  • 日本の合説では見向きもされない弊社だが、BCFではたくさんの求職者がブース訪問してくれ、とても驚いている。
  • MBA生がターゲットである弊社は、毎年このBCFで採用しています。
  • 弊社は小さなベンチャーだが、そういった企業に興味を持ってくれる求職者も多く、改めてBCFの凄さを思い知らされた。
※BCF とはボストンキャリアフォーラムの略です。