NEWS RELEASE

<速報>7月1日時点の内定率は80.1%  ~キャリタス就活2022 学生モニター調査(2021年7月)

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2022年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、7月1日時点での就職活動に関する調査を行いました。採用面接が6月1日に正式に解禁されてから1カ月が経ち、就職採用戦線は大きな山を越え、学生の就職活動はどのように進んでいるのか内定率など主要指標のみを速報としてお知らせいたします。
(調査期間:2021年7月1日~5日、回答数:1,200人)

※調査詳細は同調査レポート(速報版)をご覧ください。
※確報詳細レポートについては7月下旬の発行予定です。

1.7月1日時点の内定状況
 ○内定率は80.1%。コロナ前の2020卒(84.0%)を3.9ポイント下回りました
 ○就職活動終了者は全体の67.4%。継続者は32.6%

 

2.就職活動継続学生の今後の方針
 ○「新たな企業を探しながら、幅広く企業を広げる」が6月より大きく増加(27.7%→36.1%)

 

 

3.就職環境への考え(売り手市場の実感)
 ○売り手市場だと感じる学生は全体の2割強(24.6%)。コロナ前(2020年卒、49.7%)の半数

 

 

調査結果レポートはこちら:
https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/07/202107_gakuseichosa_soku.pdf

《 調査概要 》
調査対象:2022年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答者数:1,200人(文系男子391人、文系女子342人、理系男子337人、理系女子130人)
調査方法:インターネット調査法
調査期間:2021年7月1日~5日
サンプリング:キャリタス就活2022 学生モニター