NEWS RELEASE

8月1日時点の20卒就職活動調査  ~キャリタス就活2020 学生モニター調査結果(2019年8月)~

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2020年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、8月1日時点での就職活動に関する調査を行いました。(調査期間:2019年8月1日~6日、回答数:1,178人)

1.8月1日現在の内定状況・・・図表1
 ○内定率は88.2%。7月時点(84.0%)より4.2ポイント上昇
 ○就職活動終了者は全体の80.8%。前年(78.5%)を2.3ポイント上回る。継続者は2割弱

2.就職活動継続学生の動向
 ○選考中の企業は平均1.4社。受験予定を合わせた持ち駒企業は2.6社。月を追うごとに減少
 ○今後の方針は「新たな企業を探しながら、幅広く持ち駒を広げていく」が最多
  一方、「現在選考が進んでいる企業に絞って活動する」が7月より増加

3.再チャレンジ(受験)したい企業の有無・・・図表2
 ○再チャレンジが可能なら「再度受験したい企業がある」継続者32.6%、就職先決定者16.0%
 ○「優遇策があるなら再度受験したい」を合わせると、決定者の3割近くに上る

4.就職活動方針の変化(3月調査との比較)・・・図表3
 ○就活開始当初の方針と、実際の進め方とで乖離。当初方針よりも絞って活動
 ○「事前に業界を絞って活動」「学業を優先して負担のない範囲で活動」は増加

5.就職決定企業のインターンシップ参加経験・・・図表4
 ○就職決定企業のインターンシップへの参加経験者は40.1%
 ○参加時期は「8月」が年々増加。早期に接点を持った企業に決める傾向

 
詳細レポートはこちら:https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/201908_gakuseichosa.pdf

【調査概要】
 調査対象 : 2020年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
 回答者数 : 1,178人(文系男子387人、文系女子350人、理系男子306人、理系女子135人)
 調査方法 : インターネット調査法
 調査期間 : 2019年8月1日~6日
 サンプリング : キャリタス就活2020学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

図表1.8月1日時点の内定状況
図表2.再チャレンジ(受験)したい企業の有無
図表3.就職活動方針の変化(3月調査との比較)
図表4.就職決定企業のインターンシップ参加経験