現在地はHOME プレスリリース 2018年卒の就職活動調査、10月1日時点の内定率は92.7%で過去最高に。〜キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年10月発行)〜

プレスリリース

2018年卒の就職活動調査、10月1日時点の内定率は92.7%で過去最高に。〜キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年10月発行)〜

2017年10月24日

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2018年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、10月1日時点の就職活動に関する調査を行いました。(調査時期:2017年10月2日〜10日、回答数:1,225人)


*調査詳細は同調査レポートをご覧ください。


1.10月1日現在の内定状況
内定率は92.7%で前回の9月調査より1.3ポイント上昇、当調査の10月の内定率としては過去最高をマークしました。



2.就職先が決まっていない学生の今後の予定
就職先が決まっていない学生の62.9%は「就職先が決まるまで就職活動を続ける」と回答しました。


3.中小企業への選考応募状況
中小企業の「面接試験を受けた」経験を持つ学生は60.8%で前年(63.5%)より減少しました。
中小企業を受けた理由は「やりたい仕事に就ける」(44.0%)、「会社の雰囲気がよい」(42.2%)、
受けていない理由は「給与・待遇が良くない」(41.8%)、「安定性に欠ける」(40.9%)が上位に挙がりました。


4.Uターン就職の状況
「Uターン就職者」は16.3%で、前年調査の17.0%から微減しました。
Uターンを選んだ理由は、男子は「地元が好き」「地元貢献」、女子は「親の近くで暮らしたい」が上位でした。



5.入社までの半年間の過ごし方
文系で多いのは「趣味・遊び」(78.9%)、理系は「専門分野の勉強」(94.7%)です。


6.内定後のフォローと内定者研修
希望するフォローの頻度は「1カ月に1回程度」が31.5%。内定期間中の研修や課題には61.3%が賛成と回答しました。


7.就職活動の費用
平均143,943円で、前年調査より5,180円増加。最も増加額が大きいのは交通費(約3,300円)でした。
総額が最も高いのは「九州・沖縄」で218,348円、最も低いのは「関東」で118,891円でした。




【調査概要】
調査対象 : 2018年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答者数 : 1,225人(文系男子408人、文系女子350人、理系男子305人、理系女子162人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2017年10月2日〜10日
サンプリング : キャリタス就活2018学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)


<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社ディスコ 社長室 広報担当
Tel:03-4316-5500 Email:pr@disc.co.jp



2018年度学生モニター調査結果(2017年10月発行).pdf