現在地はHOME プレスリリース 4月1日時点の内定率は14.6%、前年に比べ2.8p増 〜キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年4月)〜

プレスリリース

4月1日時点の内定率は14.6%、前年に比べ2.8p増 〜キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2017年4月)〜

2017年04月13日

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2018年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、4月1日時点の就職活動に関する調査を行いました。(調査時期:2017年4月1日〜6日、回答数:1,368人)



主な内容


1.エントリー状況
○一人あたりのエントリー社数の平均は31.7社で、前年同期調査(37.3社)より5.6社減少。
○今後の予定社数の平均は7.6社。前年(10.0社)を2.4社下回っています。

2.セミナー・会社説明会への参加状況
○一人あたりの平均参加社数は31.0社。前年調査(33.6社)より2.6社減少しました。
○企業単独セミナーへの参加社数は10.7社。1カ月間で7.7社増加しました。



3.選考試験の受験状況
○選考試験の平均受験社数は、筆記4.8社、面接2.9社、グループディスカッション2.1社。


4.4月1日現在の内定状況
○内定率は14.6%で、前年(11.8%)より2.8ポイント増加しています。
○内定業界は「情報処理・ソフトウエア」「調査・コンサルタント」「建設・住宅・不動産」の順。


5.学業と就職活動の両立
○学業と就職活動の両立に「不安がある」学生は半数以上(56.3%)でした。
○企業への要望としては、「日程の選択肢を多く」(76.5%)がトップで、次いで「日程を早めに教えてほしい」(65.7%)が続きました。


 

 

図表1. エントリー状況

エントリー状況
図表2. セミナー・会社説明会への参加状況


セミナー・会社説明会

図表3. 選考試験の受験状況

選考試験の受験状況
図表4. 4月1日現在の内定状況

4月1日現在の内定状況、1

4月1日現在の内定状況、24月1日現在の内定状況、3 内定率の推移
図表5. 学業と就職活動の両立

学業と就職活動の両立学業との両立のために企業に配慮してもらいたいこと

 

詳細はこちら
http://www.disc.co.jp/uploads/2017/04/0413gakuseichousa2018.pdf





▼調査概要
調査対象 : 2018年3月に卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)
回答者数 : 1,368人(文系男子484人、文系女子383人、理系男子337人、理系女子164人)
調査方法 : インターネット調査法
調査期間 : 2017年4月1日〜6日
サンプリング : キャリタス就活2018学生モニター(2016年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)